logo
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 参加校リスト
1 手代木中 255
2 朝日中 179
3 谷田部東中 171
4 竹園東中 89
5 大穂中 42
6 県立並木中等 40
7 並木中 24
8 茎崎中 13
9 筑波東中 12
10 石岡城南中 11
11 八郷南中 11
12 国府中 8
13 牛久南中 6
14 守谷中 5
15 利根中 5
16 桜が丘中 4
17 取手一中 4
18 府中中 4
19 中京中学校 3
20 岡大附属中 3
21 梅香中 3
22 有明中 3
23 園部中 3
24 松陽中 3
25 龍ケ崎愛宕中 3
26 江戸崎中 2
27 美浦中 2
28 小鹿野中 2
29 水府中 2
30 末吉中 2
31 神栖2中 2
32 鹿沼東中 2
33 小山中 2
34 桜中 2
35 谷田部中 2
36 中根台中 2
37 小絹中 2
38 柿岡中 2
39 三和中 1
40 玖島中 1
41 茨大技術 1
42 豊里中 1
43 高崎中 1
44 吾妻中 1
45 千代田中 1
46 伊方中 0
47 八戸二中 0
48 岩瀬西中 0
49 東中 0
50 筑波西中 0
51 高山中 0
52 土浦四中 0
53 かすみがうら北中 0
54 河内中 0
55 牛久三中 0
56 石岡中 0
57 新利根中 0
58 伊奈中 0
59 取手二中 0
60 牛久一中 0
61 牛久二中 0
62 下根中 0
63 中根台中学校 0
64 阿見中 0
65 けやき台中 0
66 浦東校 0
67 板付中 0
 承認待ちコンテンツ

アイディア交流BLOG

中学校技術科のアイディア交流のためのBLOGです。どんどん投稿しましょう。
2012-07-15
【言語活動考6】授業の様子
【言語活動考Α
ボケの剪定をしてみた。剪定の知識もなく,見た目だけなんとなく形を整えてみた。なんとなく虎刈りに(笑)

柿の木も剪定してみた。これまた知識がない(^_^;)とりあえず道路にはみ出さないように,通り道ができるようにと剪定。もしかして,下の方だけ切ると,実が高い方に育つ特性があるのかな? 我が家の柿のうまさを昨年はじめて知ったのだが,今年も食べたいと思い,途中で切るのをやめた。

ここからが本論。知識がないと,ちと不安になる。きっと生徒もそうだろう。
そうなると言語活動するときに知識は,必要条件?十分条件?
知識があるから言語活動ができる?それともなくてもできる?
知識があるにこしたことはない。知識や経験が乏しい生徒に言語活動をさせるためには,どうしたらよいのだろうか?
知識を10/10教えるのではなく,6/10くらいのヒント程度で良いのではないかと思った。賢い生徒に10/10教えてしまったら,思考する部分を奪ってしまいそうである。かといって3/10くらいの知識では,下位の生徒がついてこれない。だから,その間くらいで,考える余地を残してあげる。考える余地をどれだけ残すとか,残し方(ヒントの出し方)が,教師の感覚。もしかしたら,力量に関係するかも。

柿を食べたいがために,どう剪定すればよいのか?といったことを考えるのも言語活動かと。こんなお題なら知識は,少なくても思考は進みそう。けれど今回の私のように不安になる。
ボケの実が,焼酎につけてボケ酒になるということは知っていたが,やったことがない。実際やってみてみたい。知識があっても活かされなければ意味がなく,思考は停止する。

知識,技能,創意,関心の4つのバランスが言語活動を促進すると思った。
Posted by 龍ケ崎愛宕中 at 00:35:18 on 2012/07/15
[閲覧(972)][コメント(0)]

 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

nmBlog v1.6 distributed by SAMN Project
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project