logo
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 参加校リスト
1 手代木中 255
2 朝日中 179
3 谷田部東中 171
4 竹園東中 89
5 大穂中 42
6 県立並木中等 40
7 並木中 24
8 茎崎中 13
9 筑波東中 12
10 石岡城南中 11
11 八郷南中 11
12 国府中 8
13 牛久南中 6
14 守谷中 5
15 利根中 5
16 桜が丘中 4
17 取手一中 4
18 府中中 4
19 中京中学校 3
20 岡大附属中 3
21 梅香中 3
22 有明中 3
23 園部中 3
24 松陽中 3
25 龍ケ崎愛宕中 3
26 江戸崎中 2
27 美浦中 2
28 小鹿野中 2
29 水府中 2
30 末吉中 2
31 神栖2中 2
32 鹿沼東中 2
33 小山中 2
34 桜中 2
35 谷田部中 2
36 中根台中 2
37 小絹中 2
38 柿岡中 2
39 三和中 1
40 玖島中 1
41 茨大技術 1
42 豊里中 1
43 高崎中 1
44 吾妻中 1
45 千代田中 1
46 伊方中 0
47 八戸二中 0
48 岩瀬西中 0
49 東中 0
50 筑波西中 0
51 高山中 0
52 土浦四中 0
53 かすみがうら北中 0
54 河内中 0
55 牛久三中 0
56 石岡中 0
57 新利根中 0
58 伊奈中 0
59 取手二中 0
60 牛久一中 0
61 牛久二中 0
62 下根中 0
63 中根台中学校 0
64 阿見中 0
65 けやき台中 0
66 浦東校 0
67 板付中 0
 承認待ちコンテンツ

アイディア交流BLOG

中学校技術科のアイディア交流のためのBLOGです。どんどん投稿しましょう。
2012-03-26
言語活動考授業の様子
【言語活動考】
「関わる」ということが,言語活動を始める一歩であると考える。
「どうしてそうしたの?」「これはどうするの?」といった質問で関わる。そうすれば生徒は,自分なりに理由を考え答えてくれる。その回答をすることによって,思考が整理され,自分のアイディアを表現する一歩に繋がると考える。
こんな質問をしても,帰ってこない生徒には,「これいいねぇ!」「ここかっこいねぇ!」といった称賛で関わる。そんな関わりは,生徒に「先生はどうしてそう思うのかなぁ?」って言う疑問を持たせる。そんな疑問をきっかけにして,思考が始まる。思考が始まらないことには,言語活動は成立しない。思考のトリガーを引いてやらねば動き出さない。
さらに,こんな場合の関わりがある。
教師がアイディア発見をしながら関わる。「この作品の○○なところがいいねぇ!」「ここはこんな意味があるんでしょ!」といった具合に,教師がアイディア発見を楽しみながら関わる。要は肯定する関わりである。こうした関わりをしていくと,本当にアイディアをもって製作に取り組んでいる生徒は,「先生,少し違います。ここはこうです。」「そんな使い方はしません。」「こんな風に使った方が,効率的です!」といった,教師を凌駕するような反応が返ってくる。アイディアをあまり意識していない生徒は,「・・・・そうかなぁ?」「・・・・・そうかもしれません。」「・・・・・そんな使い方もできますね!」といったように,「・・・・」反応の鈍さが感じられる。

質問と称賛と肯定の3つのバランスで,生徒と関われれば,下位から上位まで網羅した「関わり」ができると考える。

関わりのスタンスを示してみました。みなさまのご意見よろしくお願いいたします。
Posted by 龍ケ崎愛宕中 at 14:25:40 on 2012/03/26
[閲覧(992)][コメント(0)]

 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

nmBlog v1.6 distributed by SAMN Project
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project