logo
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 参加校リスト
1 手代木中 255
2 朝日中 179
3 谷田部東中 171
4 竹園東中 89
5 大穂中 42
6 県立並木中等 40
7 並木中 24
8 茎崎中 13
9 筑波東中 12
10 石岡城南中 11
11 八郷南中 11
12 国府中 8
13 牛久南中 6
14 守谷中 5
15 利根中 5
16 桜が丘中 4
17 取手一中 4
18 府中中 4
19 中京中学校 3
20 岡大附属中 3
21 梅香中 3
22 有明中 3
23 園部中 3
24 松陽中 3
25 龍ケ崎愛宕中 3
26 江戸崎中 2
27 美浦中 2
28 小鹿野中 2
29 水府中 2
30 末吉中 2
31 神栖2中 2
32 鹿沼東中 2
33 小山中 2
34 桜中 2
35 谷田部中 2
36 中根台中 2
37 小絹中 2
38 柿岡中 2
39 三和中 1
40 玖島中 1
41 茨大技術 1
42 豊里中 1
43 高崎中 1
44 吾妻中 1
45 千代田中 1
46 伊方中 0
47 八戸二中 0
48 岩瀬西中 0
49 東中 0
50 筑波西中 0
51 高山中 0
52 土浦四中 0
53 かすみがうら北中 0
54 河内中 0
55 牛久三中 0
56 石岡中 0
57 新利根中 0
58 伊奈中 0
59 取手二中 0
60 牛久一中 0
61 牛久二中 0
62 下根中 0
63 中根台中学校 0
64 阿見中 0
65 けやき台中 0
66 浦東校 0
67 板付中 0
 承認待ちコンテンツ

アイディア交流BLOG

中学校技術科のアイディア交流のためのBLOGです。どんどん投稿しましょう。
2010-06-20
木製サイコロづくりにラーニングジャーナル活用授業の様子
2年生のニス塗りの授業でのラーニングジャーナルの活用で,技能の向上が実感できたのをきっかけに,様々な授業にラーニングジャーナルを応用しようと考えはじめました。

特に,これまで同じものを作らせている中には気づきはないのだから教え込まなければいけないと考えていたような内容であっても,決してそんなことはなく,教師の指導の上に生徒達がやってみての気づきを加えて,彼らなりの言葉でラーニングジャーナルをまとめることに価値があることがわかりました。今回の木製サイコロづくりでは,中央にサイコロの図をあらかじめ印刷したラーニングジャーナルを用意しました。

作品だけ見ていては見た目同じように見える作品でも,ラーニングジャーナルを書かせてみると,一人一人の学びの様子は全く同じではなく,教師の一言がきっかけとなって彼らなりに経験を通して実感していることがわかります。

 

今回ラーニングジャーナルを応用したのは1年生の木製サイコロづくりの授業(4時間)です。製図の授業を終えて,ものづくりの最初の授業といえるこの4時間の授業では,のこぎりびきのコツと,やすりがけの基本,木材の性質(こぐちなど繊維方向について)を指導者としては教えているつもりです。

この授業そのものは,もう14年目の実践になります。毎年改善してきた授業ではありますが,今年ラーニングジャーナルを入れたことで,生徒達のサイコロの加工精度や仕上げの丁寧さが一段と高くなってしまいました。作業時間は例年に比べて授業の最後にラーニングジャーナルを書かせている分,7分×4時間=28分程度短くなっているはずなのに全員のレベルが高い!

 

なぜかを考えるのですが,彼らなりにふりかえれることや目標をもたせることができたことが第一,次に他のクラスの生徒のラーニングジャーナルを見せることで,ふりかえりの動機付けができたこと,さらに根本には,自分が教えたことができているかを評価していた指導者(筆者)が,先生が気づかなかったことを書いてほしい,失敗したことを必ず書いてなぜ失敗したのか考えてほしいなど毎時間繰り返し声をかけていたことがあると思います。

生徒にはそれぞれのわかり方があって,必ずしもそれは1つではない,同じことでも別の側面から考えれば指導者が思いもよらない気づきや発想に出会うことができます。生徒の学びに毎時間のように新たな発見があるのは実に楽しいものです。

   

私自身が,これまで指導者側からの評価観しかもちあわせていなかったことがよくわかり,生徒一人一人がどのように考え理解したのかが把握できるラーニングジャーナルのすばらしさをまたしても実感することができました。上のラーニングジャーナルをクリックすると拡大してみられます。

他校での取り組みはどうでしょうか。交流できたらさらに面白くできると思います。

★ラーニングジャーナルの用紙はここを押せば入手できます★
Posted by 谷田部東中 at 23:02:23 on 2010/07/30
[閲覧(2906)][コメント(15)]

 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

投稿者 スレッド
朝日中
投稿日時: 2010-6-21 21:34  更新日時: 2010-6-21 21:46
実践リード校
登録日: 2007-2-18
居住地:
投稿数: 179
 ラーニングジャーナルの良さ
ラーニングジャーナルの良いところは,経験から学んだ言葉を自分の言葉で表現できるところですね。そんなことが,自由に書きやすいものだと思います。技術科における言語活動の本質だと考えます。

 ラーニングジャーナルを次に活かすためには,教師の力量が必要かと感じています。
生徒が得意と感じたことや苦手と感じたことを,教師がラーニングジャーナルから読み取り,次の授業に活かしていくことができれば,授業の質が向上するのだと考えます。毎時間アンケートをしているようなものですね。
 きっと,生徒の意見を「尊重」して,次の授業作り,「創造」に活かす感覚が必要だと思います。
 ただ書かせているだけの朝日中は,授業の質の向上は,見られません(^_^;)
活かし方の押さえどころを見定めないとならないと感じました。
 がんばってラーニングジャーナルの言語活動を推進していきます(^^)/ どんな言語を生徒から引き出せるか,生徒とガチンコ勝負です!!
返信

投稿者 スレッド
谷田部東中
投稿日時: 2010-6-21 21:53  更新日時: 2010-6-21 21:58
実践リード校
登録日: 2007-2-10
居住地:
投稿数: 171
 Re: ラーニングジャーナルの良さ
ラーニングジャーナルを書かせるようになって,生徒のわかり方にもいろいろあるのだと納得できるようになりました。これまでのいわゆる自己評価用紙では,教師が用意した目標ができたかできなかったかばかりが見えてしまっていましたが,ラーニングジャーナルはその点生徒がその学びをその考え方の通りに表現できる点で優れているといえます。

ラーニングジャーナルを書かせるのは大変だと思われるかもしれませんが,実はそんなことはありません。生徒にとっては自分の考えを思い通りにかける様式かつ,他のクラスの友達のラーニングジャーナルに刺激されて相乗効果で表現のレベルが上がっていきます。もしこれが自己評価だったら相乗効果を実感することは難しいでしょうし,教師が図や文章で説明されていることを瞬間的に見抜くこともかなり難しいと思います。ラーニングジャーナルを使った実践をしてみるとわかりますが,A4×1枚にまとめられていることがとても把握しやすく,教師は生徒がどう考えどう理解したのかを把握するきわめて有効な手段となります。

授業の最後に5分〜10分程度落ち着いてまとめをする時間を習慣づけることができるということもあると思います。昨年まではまとめよりも作業を終わらせることに主眼が私自身あったのですが,今年は1時間の伸びてもいいから,最後にしっかり落ち着いて書かせる時間をつくることに価値があることがわかってきました。その方が実は授業の効率が上がってしまうから不思議です。

ラーニングジャーナルはまさしく言語活動ですね。
返信

投稿者 スレッド
朝日中
投稿日時: 2010-6-21 22:02  更新日時: 2010-6-21 22:11
実践リード校
登録日: 2007-2-18
居住地:
投稿数: 179
 Re: ラーニングジャーナルの良さ
谷田部東中@技術担当様

朝日中@技術担当です。

他のクラスの友達にラーニングジャーナルに刺激されて>
ここが大切ですよね!!私は,idea共有サイト派で投稿することで,他のクラスに繋げてきました。ラーニングジャーナルは,紙ベースなので,投稿するより手軽さがありますね! この点に気付くのが私は遅かったです。
 idea共有サイトのほうが,視覚的で効果があり,生徒の思考を教師がいったん整理できるので,良いと思っていました。
 ラーニングジャーナルには取り扱いの手軽さや生徒のライブ感あふれるコメントがあります。そして,本人のクラスや他のクラスに,教師が繋げてあげることのほうが,生徒は喜び,効果的かもしれません。よりラーニングジャーナルを推進したくなりました。ラーニングジャーナルを斜め読みでも良いから取り上げていきたいと思います。
 明日からの授業が楽しみです(^^)/
返信

投稿者 スレッド
手代木中
投稿日時: 2010-6-28 12:03  更新日時: 2010-6-28 12:03
実践リード校
登録日: 2007-4-21
居住地:
投稿数: 255
 ラーニングジャーナルの真価
手代木中 技術担当Yです。
ラーニングジャーナルの真価が見られますね。手代木中でも今年も広告作りをやっていますが、ラーニングジャーナルがきちんとかけている生徒の広告はよいものができています。よいラーニングジャーナルを提示して、参考にさせることも大切だと思っています。今年はラーニングジャーナルの質を向上させる(長い文章よりも的を射たわかりやすい文章表現)ことを目指そうと思っています。やったものだけがわかる「ラーニングジャーナルのよさ」をたくさんの学校で味わってもらいたいですね。
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2010-9-17 14:23  更新日時: 2010-9-17 14:26
 101116朝日中
今までプラスチックの物しか使ったことがなかったので、木のサイコロを見て驚きました。
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2010-9-17 14:27  更新日時: 2010-9-17 14:28
 101117朝日中
    こんにちは。
 私は、このサイコロを見て、木のサイコロが   作れるなんてすごいなと思いました。
もし、期会があったら作って見たいとおもいました
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2010-11-25 12:34  更新日時: 2010-12-25 17:14
 すごくいい作品ですね。
私は、あなたの言葉に感動しました。
先生が答えをおしえるのではなく。
生徒自身で答えを出させる。そういう教育は、
自分では、すごくいいと思いました。これからも頑張ってください
朝日中101309
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2011-7-13 11:56  更新日時: 2011-7-13 12:08
 龍 愛宕中113305
生徒の一人一人の工夫した点、反省した点がすべてラーニングジャーナルに詰まっていました。作品を見るだけでは分からない事まで書かれていてすごいと思います。
実際、先生がここまで考えて生徒のために授業をしていたとは知りませんでした。なのでラーニングジャーナルの大切さ、授業の大切さが分かりました。

それから木のサイコロがとても可愛いかったので、自分でも作ってみたいと思いました。
返信

nmBlog v1.6 distributed by SAMN Project
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project