logo
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 参加校リスト
1 手代木中 255
2 朝日中 179
3 谷田部東中 171
4 竹園東中 89
5 大穂中 42
6 県立並木中等 40
7 並木中 24
8 茎崎中 13
9 筑波東中 12
10 石岡城南中 11
11 八郷南中 11
12 国府中 8
13 牛久南中 6
14 守谷中 5
15 利根中 5
16 桜が丘中 4
17 取手一中 4
18 府中中 4
19 中京中学校 3
20 岡大附属中 3
21 梅香中 3
22 有明中 3
23 園部中 3
24 松陽中 3
25 龍ケ崎愛宕中 3
26 江戸崎中 2
27 美浦中 2
28 小鹿野中 2
29 水府中 2
30 末吉中 2
31 神栖2中 2
32 鹿沼東中 2
33 小山中 2
34 桜中 2
35 谷田部中 2
36 中根台中 2
37 小絹中 2
38 柿岡中 2
39 三和中 1
40 玖島中 1
41 茨大技術 1
42 豊里中 1
43 高崎中 1
44 吾妻中 1
45 千代田中 1
46 伊方中 0
47 八戸二中 0
48 岩瀬西中 0
49 東中 0
50 筑波西中 0
51 高山中 0
52 土浦四中 0
53 かすみがうら北中 0
54 河内中 0
55 牛久三中 0
56 石岡中 0
57 新利根中 0
58 伊奈中 0
59 取手二中 0
60 牛久一中 0
61 牛久二中 0
62 下根中 0
63 中根台中学校 0
64 阿見中 0
65 けやき台中 0
66 浦東校 0
67 板付中 0
 承認待ちコンテンツ

アイディア交流BLOG

中学校技術科のアイディア交流のためのBLOGです。どんどん投稿しましょう。
2009-07-07
のこびり引き2009 朝日中バージョン授業の様子
朝日中@技術担当です。

のこぎり引きの授業をしています。
まずは昨年の先輩に学べ!!ということで,
→→→朝日中のこぎり引き2008の進化
→→→朝日中のこぎり引き2008の進化
→→→朝日中のこぎり引き2008の進化


昨年ののこぎり引きの記事を見せて,学習を始めました。
教師「ポイントは,材料の固定です!!先輩を越えよう!!」

ということで,1組の授業が始まりました。

あて木をクランプで正確に切断できるように,しっかりと固定してしまっています。寸法線より内側に入り込んで切断しないように,わずかにあて技をかぶせて,切断しています。
この斬新なアイディアに教師も驚きました。暗示グループの中で2人でアイディアが連鎖しました。ここで全体に紹介したところ,他の生徒にも広まり,アイディアの連鎖が繋がりました。ほぼ正確に切断できるのがすばらしい。

悲しいかな,朝日中は,クランプが少ないので,全員がこのやり方をできるわけではありません。
そこでF.Eさんは,考えました。
落ちえていた廃材を使って,軽い力で固定しています。すぐさまアイディはひらめきシートを渡しました。

そこでものづくりには欠かせない治具という存在を解説。

朝日中技術科ファイルに1組の様子を上げ,すぐさま次の3組の授業で,→→→技術科ファイル
教師「1組のアイディアを越えよう!!」と呼びかけました。
O.Sさんが,廃材から2×4を見つけ出し,あて木として切り始めました。この方がのこ身が固定されやすく,切りやすいとのこと!!すぐさまアイディアひらめきシートを渡しました。F.Yさんが,I.Mさんが考えたダブル椅子とO.Sさんが考えた2×4材の活用を足し算して,のこぎり挽きをし始めました。T.Tくんが,材料をクランプで固定して,2×4材を足し算して切断が始まりました。


O.Sさんがさらに2×4を縦に使用して切断をしていました。
O.S「この方が切りやすいです。」さらに次の1組の授業で,3組ののこぎり引きの工夫を話をした所,F.Eさんが,設計にはないものを作っているなぁと思ってい見ていたら,のこぎり引き用の治具を作ってしまいました(驚き)完成度はよくありませんが,「材料の下までのこ身を固定できるようにしました。」とのこと。
ものづくりのセンスが輝いてきました。


ここにあげた生徒の共通点は,すべてアイディア発見シートを的確にまとめられる生徒ばかりです!!アイディアを発見できる生徒は,アイディアをひらめくセンスもあるのだと実感できた授業でした!!
とてもエキサイティングでした!!
Posted by 朝日中 at 15:54:55 on 2009/10/12
[閲覧(2055)][コメント(8)]

 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

投稿者 スレッド
大穂中
投稿日時: 2009-7-8 12:02  更新日時: 2009-7-8 12:02
実践校
登録日: 2007-7-31
居住地:
投稿数: 42
 授業の様子が手に取るようにわかります。
大穂中技術担当です。
授業の様子がわかり、指導のヒントになります。
技術室にLANが来ていれば、プロジェクターでネットから直接見せることができるのですが、つながっていないのでどのように生徒に提示するか考え中です。
リンクされているYahooのブログも使えそうでいいですね。
いろいろ参考になります。
返信

投稿者 スレッド
朝日中
投稿日時: 2009-7-8 13:16  更新日時: 2009-7-8 13:16
実践リード校
登録日: 2007-2-18
居住地:
投稿数: 179
 Re: 授業の様子が手に取るようにわかります。
朝日中@朝日中です。

他にも,まっすぐに切断できる一工夫を紹介できればと。2組がすごく授業が遅れているので,2組に1,3組のを抜くアイディアを出してもらいましょう!!授業が楽しみです。
私の授業で,携帯,実物投影機,ネット環境,プロジェクターは,必需品ですね!!授業にライブ感が生まれます。
大穂中さんもLANが早く来るといいですね!!
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2009-7-9 10:05  更新日時: 2009-7-9 10:08
 すばらしい☆
わたしたちと同い年の方々から、こんなにも色んな切り方の案がでてくるなんてすばらしいとおもいます!!
わたしも負けずに頑張りたいです☆
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2009-7-9 10:07  更新日時: 2009-7-9 10:10
 なるほど〜
のこぎり引きの工夫について、とても勉強になりました。  こんなやり方があったのか、と驚きの連続でした     このアイディアを、活用していきたいです            手代木中3年 S・T 
返信

投稿者 スレッド
手代木中
投稿日時: 2009-7-9 10:07  更新日時: 2009-7-9 10:07
実践リード校
登録日: 2007-4-21
居住地:
投稿数: 255
 アイデア発見のすごさ
朝日中の授業の中で、アイデア発見があるのは、やはり「アイデア発見シート」の実践のすばらしさだと思います。生徒の気持ちがそのまま授業に出てくるような気がします。
「生徒は教師のかがみ」とかいうことばが頭をよぎりました。
すばらしい実践、手代木中でも見習おうと思います。

手代木中 技術担当Y
返信

投稿者 スレッド
朝日中
投稿日時: 2009-7-9 20:22  更新日時: 2009-7-9 20:27
実践リード校
登録日: 2007-2-18
居住地:
投稿数: 179
 Re: アイデア発見のすごさ
朝日中@技術担当です。

 私は授業でこんな風に進めています。
 まず教科書やサイトを使って,基本的なことをがっちり教えます。
 そして,サイトを使って今までの先輩ののこぎり引きの技術開発の流れの様子を説明します。(この前30分以上も語ってしまいました(笑))この説明の中で,なぜそうする必要があるのかを解説します。

 そして最後に,「今までのアイディアを超えなさい!!君たちにできるかな?(できないだろうなぁ)」というようにやる気をちょっと刺激的に挑発しています。

 生徒は,今までの流れの説明の中から要点を聞き取り,アイディアひらめきをするようです。ひらめいたアイディアを見つけた瞬間,「きみはすごいねぇ!!先輩を超えたね!!〇組を超えたね!!みんな拍手!!」と,学級でほめたたえます。

 というような感じで,生徒のアイディア発見をしながら授業を一番楽しんでいるのは,私かもしれません

手代木中の生徒のみなさま>
 手代木中の作品は素晴らしいです!!とても参考になります。この前,「中学生が作った作品だよ。」といったら,驚きの喚声が上がりました。次の作品の完成を楽しみにしています!!
 のこぎり引きのアイディアがありましたら,教えてくださいね!!
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2009-7-9 13:56  更新日時: 2009-7-9 13:58
 良い参考になりました
僕は鋸でまっすぐ木を切るのはかなり下手なんで悩んでたんですが、このようなやり方もあるのかと、とても参考になりました。
手代木中 S.U
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2009-7-9 14:18  更新日時: 2009-7-9 14:23
 スゴイ
木の切断でも、こんなに工夫してできるのは驚きです。
アイディアをみんなで発展させていて、こんなにいろいろできるなんて
これからもアイディアを大切に!!
手代木中 3年
返信

nmBlog v1.6 distributed by SAMN Project
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project