logo
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー
 参加校リスト
1 手代木中 255
2 朝日中 179
3 谷田部東中 171
4 竹園東中 89
5 大穂中 42
6 県立並木中等 40
7 並木中 24
8 茎崎中 13
9 筑波東中 12
10 石岡城南中 11
11 八郷南中 11
12 国府中 8
13 牛久南中 6
14 守谷中 5
15 利根中 5
16 桜が丘中 4
17 取手一中 4
18 府中中 4
19 中京中学校 3
20 岡大附属中 3
21 梅香中 3
22 有明中 3
23 園部中 3
24 松陽中 3
25 龍ケ崎愛宕中 3
26 江戸崎中 2
27 美浦中 2
28 小鹿野中 2
29 水府中 2
30 末吉中 2
31 神栖2中 2
32 鹿沼東中 2
33 小山中 2
34 桜中 2
35 谷田部中 2
36 中根台中 2
37 小絹中 2
38 柿岡中 2
39 三和中 1
40 玖島中 1
41 茨大技術 1
42 豊里中 1
43 高崎中 1
44 吾妻中 1
45 千代田中 1
46 伊方中 0
47 八戸二中 0
48 岩瀬西中 0
49 東中 0
50 筑波西中 0
51 高山中 0
52 土浦四中 0
53 かすみがうら北中 0
54 河内中 0
55 牛久三中 0
56 石岡中 0
57 新利根中 0
58 伊奈中 0
59 取手二中 0
60 牛久一中 0
61 牛久二中 0
62 下根中 0
63 中根台中学校 0
64 阿見中 0
65 けやき台中 0
66 浦東校 0
67 板付中 0
 承認待ちコンテンツ

アイディア交流BLOG

中学校技術科のアイディア交流のためのBLOGです。どんどん投稿しましょう。
2009-03-19
仕上げ(修正)作業中のナイスアイディア授業の様子
 今日の授業で,谷田部東中では欠席の生徒数名をのぞいて1年生全員が木製品の組み立てを完了し,仕上げの段階に入りました。仕上げといっても,いきなりニスを塗るわけではありません。これまで試行錯誤を繰り返す中でたくさん書いてしまったけがきの線を消したり,間違えてあけてしまった釘穴に楊枝をさしてまるでなかったかのようにしたりする段階です。

 その作業の中に,接合部分に微妙な隙間ができた時に,木工用ボンドを指で横から押し込み,周囲をキレイにぬれ雑巾でふかせて,上から軽くヤスリの粉(ベルトサンダーの粉が人気です)をふりかけてまるでなにもなかったかのよに見せるようにさせています。
 製作途中でいろいろな問題があったとしても,最後の最後で修正がきくというのは,子ども達にとってはたまらない魅力があるようで,この作業を谷東では,「偽装」といっています。建物の偽装は問題ですけど,自分が使う製作品では偽装も大事です。

 
そんな作業中に,アイディア発見!ある生徒が,ちりとりにベルトサンダーの周りにあった粉をもってきているのを見つけました。これはとっても作業効率がいい!ちょっとした工夫ですけどわざわざベルトサンダーの近くに毎回いく必要がありません。

そしてベルトサンダーの近くにいってみると,このアイディアが広まり,ベルトサンダーの周りは完全にキレイになってしまっていました。そこで生徒達は考えました。周囲を掃いてベルトサンダーから舞い上がった木の粉を集めればいいわけです。ついには隣のボール盤の上も掃き掃除されて,修正の材料になっていました。

 
そして,これも今日発見した生徒のアイディアです。修正作業なのでボンドは容器から出すよりも,予め机に上に出しておいて指で隙間に入れ込みたいわけです。しかし机に出してしまうと机の上がボンドだらけになってしまいます。そこでこの生徒は,20mm幅の技術室にあったセロハンテープを机に貼り,その上にボンドを出して修正作業に使っていたのでした。これもナイスアイディアです。

来年の授業ではこれらのアイディアを全クラスに紹介したいと強く思いました。


どの作品も仕上げこそまだ未完了ですが,形が出来上がってきたことで,生徒達のやる気もどんどん高まってきました。いくつか紹介させてください。

このちょっと斜めになった真ん中の背板,この板があることで剛性はだいぶ強くなっているはずです。昨年も1人いたのですが,彼女はそれに気づかず,今年新たに考えたようです。


そして,以前から紹介している親指をかける棚も組み立て完了です。こうしてもってみると,そのアイディアのすばらしさにうなってしまいます。


斜めは斜めでも今年は,こんな斜めの棚も表れました。仕切り板を間に接合することで,剛性を高め,底板と背板の幅の減少による剛性不足を補っています。なかなかの力作になりました。


今年の作品の中には,この写真のように,2つ以上の先輩のアイディアを合わせ技で用いているパターンがけっこうあります。持ち手は,今や谷東の伝統になった形,そして前面にはCDが取り出しやすい切り抜きがあります。

1年生の授業はこれで終了,2年生最初の授業は素地磨きと,ニス塗りになる予定です。その後作品の広告づくりへと進みます。今から楽しみになってきました。
Posted by 谷田部東中 at 18:32:57 on 2009/03/19
[閲覧(1217)][コメント(6)]

 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2009-5-18 11:53  更新日時: 2009-6-1 0:07
 いいですね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜「・∀・」
よくここまで考えましたね〜〜〜
いい作品です。
これからもがんばってください
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2009-5-18 12:03  更新日時: 2009-5-23 19:29
 穴がかわいいです
受話器のような穴がかわいいです!!
しかもその穴がやすりで磨かれてさらにかわいくなっています!!!!
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2009-5-21 9:25  更新日時: 2009-5-21 9:28
 朝日中 093321
手持ちの形がきれいにできてますね!
私は不器用なのできれいにできません。
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2009-7-9 9:11  更新日時: 2009-7-9 9:16
 すごいです!!
アイディアがすごいです!
特に机にセロテープをはってその上にボンドをのせるというアイディアがわたしはいいと思いました


手代木中 3年 
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2011-12-5 19:58  更新日時: 2012-1-24 12:34
 Re: すごいです!!
Full of salient poitns. Don't stop believing or writing!
返信

nmBlog v1.6 distributed by SAMN Project
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project